メルマガ登録で先着お得も 5,500円以上で送料無料
{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

20代の若白髪は放置しないで!若白髪の原因と増やさない方法

若いうちからの白髪ケアで将来に差がつく

白髪を気にする20代の女性

友達は全然白髪がないのに私だけ?若白髪って遺伝なのかな?そんなあなた。遺伝で若白髪を片付けてしまう前に少し立ち止まって考えてみましょう。このコラムでは若白髪の原因とその対策について解説したいと思います。

頭皮にかゆみや湿疹がある、乾燥してフケが出やすい。これらに当てはまる方は頭皮や毛根のエイジングが進行しやすい環境になっている可能性もあります。まずはあなたの今の頭皮の状況を知ることが大切です。

髪診断

若白髪って何歳から生える?

白髪が生える年齢は個人差がありますが一般的に30代で増え始める方が多いです。若白髪の年齢に明確な定義はありませんが、30代以前の10~20代に生える白髪を若白髪といいます。

髪は初めから黒いわけではない

毛髪が新たに生まれるとき、毛根にある毛母細胞が分裂しながら髪の毛を生やしていきます。この時メラノサイトという色素細胞から分泌されるメラニン色素が分裂する細胞内に入ることで髪が黒くなります。つまり元々白い髪の成長過程で黒い色が付くということで成長の過程で黒くすることができない何らかの原因で異常があると、「白髪」として成長します。

メラノサイトの働きの仕組み

若白髪はメラノサイトが休止中の可能性大

黒い髪にならずに白髪となって成長する場合、2つのタイプが考えられます。1つは一時的にメラニン色素を作るメラノサイトが機能を損なってしまっている状態。もう1つはメラノサイト自体の機能が休止している場合です。

メラノサイトが休止していることが理由の場合は、再びメラノサイトの機能が活発化すれば黒い髪が生えてきます。若白髪の多くはこの「メラノサイトの休止」の状態であることが考えられるため、「これからどんどん白髪が増えてしまう!」と心配するよりも、対策をしっかり行っていけば改善の余地が十分あるということです。

若白髪の原因

以下の項目に心当たりがあれば、今ある白髪の改善と将来年齢に負けない美しい髪を育てていくきっかけとして取り組んでみましょう。

若白髪の原因①不健康な食生活

偏食しがちだったり野菜やミネラル不足ではありませんか?育毛に必要な栄養素は普段の食事から吸収されるため、毎日の食事が大切な栄養供給元です。体重を気にして過度なダイエットを続けていると栄養不足の状態が続き、白髪や薄毛の原因になってしまいます。

メラノサイトの働きを助けるミネラル、特に海藻類やサバなどの魚介類や、メラニン色素の原料となるチロシンが含まれるチーズや乳製品などの食材も積極的に摂るようにしましょう。

こちらのコラムもおすすめ
【手軽に摂りたい!白髪予防できる栄養素は?】を読む

若白髪の原因②ストレス

ストレスが及ぼすのは精神的な影響だけではありません。ストレスを感じることで体内の循環器や消火器、呼吸器など様々な活動を調整している自律神経を乱し、体全体の血行が悪くなります。頭皮の血行も悪くなることで、食事から得られた栄養素を送ることができなくなり、メラニンの生成が阻害され白髪の発生につながります。

ストレスは身体全体の機能に悪影響を与えるため、自分なりのストレス発散法を若い時から見つけておくことはとても大切ですね。

若白髪の原因③睡眠不足

ストレスと同様睡眠不足も自律神経を乱します。日中体を動かして傷ついた細胞は寝てい間に修復を繰り返すため、睡眠不足が続くということは十分な修復期間を取れないまま体を酷使するとうことなのです。寝る前のスマホタイムを控えめにして、リラックスした状態で入眠するように心がけることで質の高い睡眠を得られるように心がけましょう。

若白髪の原因④紫外線

レジャーなどで日中強い紫外線の下で過ごすことも多いでしょう。紫外線は日焼けのイメージがありますが、実は白髪や抜け毛の原因にもなります。強い紫外線を長時間浴び続けると体内の活性酸素を異常に増やし、メラノサイトの働きを抑制させてしまいます。

紫外線を浴びることでシミやシワがなどの老化現象が起こるのと同じ。頭皮もお顔に続く肌であるため、頭皮自体が老化すると育毛のための働きが老化してしまうということなのです。帽子やサングラスで頭皮への紫外線や目から入る紫外線を防ぐことが必要なのは大人だけではありません。むしろ若いの頃の生活が後に大人になったときの頭皮の状態を左右するとも言えるでしょう。

こちらのコラムもおすすめ
【20代から始めよう! 頭皮を紫外線から守る老化防止の秘訣5つ】を読む

若白髪の原因⑤遺伝

若白髪は必ずしも遺伝が関係しているとは明言できませんが、もし家族や血縁関係に若白髪になったことがある人がいれば、遺伝的な要因も考えられます。

白髪と活性酸素の関係

最近の研究で活性酸素と白髪の関連が分かってきました。※1活性酸素は呼吸から酸素を取り込み、生きていく中で必ず発生します。活性酸素は体の外から入ってきたウイルスや細菌などを分解し除去する大切な役割を持ちますが、ウイルスを分解できるほどの強い力を持つ活性酸素が必要以上に増えることで健康な細胞まで攻撃してしまいます。

若いうちは増えすぎてしまった活性酸素を無毒化して健康な細胞を攻撃しないようにする若返りパワーである「抗酸化力」が備わっていますが、加齢によって衰えてしまうのです。

活性酸素

活性酸素が必要以上に増えてしまう原因は先に挙げた紫外線以外にも、生活のあらゆる場面に潜んでいます。例えばすでに述べた若白髪の原因となるストレスや睡眠不足以外にも喫煙や大気汚染、放射線などが考えられます。※2

生命活動と密接な関係がある活性酸素。ぐっすり眠ってストレスフリーの生活ができたとしても、紫外線対策を怠っては意味がありませんよね。白髪のない美しい髪、そして若々しい肌や健康な体をつくるのは、総合的な対策が必要であることが理解いただけたと思います。

※1 2013年 米国実験生物学学会連合の発表にて
※2 参考文献:厚生労働省 生活主幹予防のための健康情報サイト e-ヘルスネット「活性酸素とストレス」
こちらのコラムもおすすめ
【活性酸素が白髪を加速させる!髪の老化と戦う方法】を読む

白髪放置はNG!若いうちのケアで将来が変わる若白髪対策

若白髪対策①バランスの良い食事

食事から得られる栄養が艶やかでハリのある健康な黒い髪を作る栄養源です。好きなものばかり食べたり、油っぽいものや塩分の高いものばかりに偏らずに、野菜やミネラル、そして良質なタンパク質もバランス良く取入れましょう。

若白髪対策②ストレスゼロは難しくても好きなことを見つける

どんな人でもストレスゼロにするというのは難しいかもしれません。むしろある程度のストレスが日常生活において、やる気を出してくれたり、夢を描くことにつながったりしますよね。楽しくそしてどんな状況にも負けずに野心的に生きていくためにはある程度ストレスとの共存が必要だと思いますが、それも難しくなるほどの過度のストレスは禁物。ストレスとの上手な付き合い方が大切なのです。

ストレスがあっても、何か好きなことに没頭できる時間をつくったり、興味のあることに気軽な気持ちで取り組んでみることから始めてみましょう。

ヨガをする若い女性

若白髪対策③ぐっすり眠る努力をする

寝る前に刺激の強い映像を見たり、スマホの画面を長時間見続けてはいませんか?そんなお楽しみタイムも寝る前は控えめに。お気に入りパジャマを着て、部屋の明るさを落とし、体を冷やさないように気を付けながらぐっすり眠るための環境づくりも配慮してあげましょう。お気に入りのアロマを使ってみるのも良いでしょう。とにかくリラックスした状態でベッドに入ること。そしてベッドの中では昼間の悩み事は考えずに、楽しい事を考えながら入眠するように心がけましょう。

若白髪対策④白髪ケアシャンプーを使う

白髪ケアシャンプーGHリバース

白髪ケアに特化した新成分GREYVERSE

GREYVERSEはLUCAS MEYER社(ルーカスマイヤー社)が開発した新成分で、メラニンの生成にアプローチし、毛根の光老化による酸化ストレスをケアしながら、新たな白髪の発育を遅らせます。また、すでに生えている白髪を徐々に自然な髪色に戻す働きをします。

エイジングケア特許成分REDOXINAも配合

REDOXINA(レドクシーナ)は世界最古の湖のひとつであるアッパークラマス湖にのみ生息する古代種藻(ブルーグリーンアルジー)から生まれた成分。このブルーグリーンアルジーは人体が必要とする100種類以上もの栄養素を含み、現代のバイオテクノロジーによって抽出に成功した特許成分です。

白髪ケアシャンプーGHリバース

この記事のまとめ

10~20代に生えるとされる若白髪は、早めの対策を取ることで将来の健康な髪を左右します。解説した若白髪の原因をひとつづつ対策していくことが生活習慣全体を改善するきっかけにつながります。まずは「これならできる!」という取り組みやすいことから始めてみましょう。

現在登録されている商品はありません。

eLGON HAIR CARE COLUMN

もっと見る