購入でサンプルプレゼント 5,500円以上で送料無料
{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

季節の変わり目に抜け毛が多いと感じませんか?その理由と食い止める方法

季節で頭皮の環境が変化するワケ

髪の毛をくしでとかす女性

「あれ?抜け毛が増えたかも?」なんてふと気付くことが皆さんあると思います。毎日の髪のお手入れ、特にブラッシングやシャンプーをしている時に気付きやすいですよね。
こちらのコラム(クリックで表示)でも解説した通り、健康な頭皮の人でも毎日平均 100 本は抜けると言われています。
抜け毛は毛髪が成長し生え変わる毛周期と呼ばれるヘアサイクル によって発生しますが、遺伝的な要因や加齢、生活習慣の影響によって抜けやすくなったり、薄毛の原因にもなります。

「抜け毛が増える=必ず薄毛になる」というわけでありません

正常なヘアサイクルでは、髪がぐんぐんと育つ「①成長期」→成長しにくくなる「②退行期」→成長が止まり古い毛が抜けて、新しい毛が生える「③休止期」を繰り返します。

ヘアサイクルのイラスト写真

今あなたの髪全体の約10~20 %が「休止期」にあり、古い毛の下に新しい毛を育てながら生え変わります。しかしこのヘアサイクルに異常をきたすと、古い毛が抜けても、その下の新しい毛が十分に育たない、または育ちにくい状況となり、毛は抜けるばかりで薄毛の進行につながるということなのです。

つまり、抜け毛をケアすることも大切ですが、抜けた毛の後に成長していく新しい毛が育ちやすい頭皮環境であるかどうかも重要なのです。

新しい毛が育ちやすい頭皮環境とは?

「休止期」に古い毛が抜けても下から新しい毛が生えてくる、つまりヘアサイクルが正常である頭皮環境とはどんな状態でしょう。それは発毛のための栄養が頭皮にあること、さらに血行が良く栄養が毛根に行きわたっている状態です。また頭皮はからだの中で一番皮脂分泌が多い部分ですので、毛穴を皮脂で詰まらせないように汚れをしっかり落とすことも大切です。毛穴が詰まると、頭皮の血流が滞ることで毛髪の成長を阻害してしまいます。

GHリバースシリーズ

季節によって抜け毛が増える原因は?

それでは抜け毛と季節の関係はどんなところにあるでしょうか? 頭皮環境を悪化させる季節的な要因は、頭皮に対するストレスにあります。

夏は紫外線ダメージが強く汗をかきやすい

紫外線は一年中降り注いでいますが、特に夏場に照りつける紫外線によって頭皮にダメージが蓄積されます。紫外線といえば日焼けを連想する方が多いかもしれませんが、実は紫外線に頭皮がさらされることで、「光老化」と呼ばれる肌の老化現象が起こります。
これは肌にシミやシワを作るのと同様に頭皮が老化することで、ヘアサイクルの異常を招く恐れがあります。
さらに夏場は気温も湿度も高く、当然汗をかきやすくなりますよね。つまり頭皮も汗や皮脂などの分泌が盛んになることで頭皮に汚れが溜まりやすくなります。また頭皮の汗や皮脂から雑菌が繁殖すると炎症が起こったり、毛根にダメージを与えるケースもあります。

外で日傘を差している女性

夏の抜け毛予防のおすすめケア

頭皮に直接日焼け止めを塗ることはできませんが、帽子をかぶったり、日傘をさしたり、極力直射日光に当たる時間を少なくするなどの心がけが必要です。
また、汗や皮脂汚れを落とし、頭皮を清潔に保つことも必要ですが、洗いすぎは禁物です。私たちの頭皮には常在菌という様々な菌が存在しており、頭皮の良好な環境を保つ役目をしてくれています。頭皮の汚ればかり気にして洗いすぎてしまうことで、大切な常在菌まで失わないように注意しましょう。

おすすめピックアップ

「日中の紫外線対策に」日焼けや乾燥によるダメージを防ぐ
イマジェア フィトガード

植物オーガニック由来の濃厚なヘアセラム

一年中受ける紫外線からのダメージや、排気ガスや乾燥、有害物質から守り、保湿しながらヘアスタイルをキープしてくれるヘアセラムです。植物オーガニック由来の成分でヴィーガンさんにもおすすめ。

イマジェア フィトガード
商品ページを見る

秋から冬は夏のダメージが表立って見える時期

「抜け毛が増えた!」と思うことは秋に多かったりしませんか?それは夏の紫外線ダメージの蓄積が秋に入ってから目に分かる形で現れるからです。
この頃にヘアサイクルの「休止期」にある毛髪が、夏のダメージによって次の「成長期」に入る動きが低下したり、さらには 成長せずに抜けてしまう可能性も高くなります。

秋から冬の抜け毛予防のおすすめケア

夏の暑い時期は頭皮だけでなく身体も体力を消耗したりダメージを受けやすい季節です。「夏バテ」というのも、急激な温度の変化によって自律神経が乱れることで起こりやすくなります。秋から冬にかけて急激に寒くなる季節、風邪をひきやすいのと同じように、頭皮も 気遣ってあげましょう。
夏場の頭皮の汚れをケアしてあげること。そして十分な睡眠を心がけること。寝ている間にダメージを受けた細胞が修復できる時間を確保してあげることで、夏に受けた頭皮ダメージのリカバリーにつながります。

まとめ

季節の変わり目に体調を崩すのと同様、頭皮も温度の変化や紫外線によってダメージを受けています。日頃から帽子をかぶったり、頭皮を清潔に保つこと。そして生活のリズムを整え十分な睡眠をとること。
これらのもっとも基本的で単純なことの積み重ねが抜け毛予防になるのです。

DDシリーズ
無料髪診断
こちらのコラムもおすすめ
【髪のお悩み解決!無料髪診断であなたにぴったりのヘアケアを見つけよう】を読む
現在登録されている商品はありません。

eLGON HAIR CARE COLUMN

もっと見る